​ひまわりの芽

ひまわりの芽は、その小さな体にたくさんの栄養素を企んでいます。

現代人に不足しがちビタミンやタンパク質を含むスーパーフードです。

 

食感はシャキッととしていて味はナッツの風味、いつものお料理にサッと加えるだけ!

栄養豊富な一色にチェンジできる、便利な食材です。

4つの特徴:

1. 豊富なビタミン

  • 老化防止のビタミン E

ビタミンEを多く含むひまわりの芽。ビタミンEの持つ強い抗酸化作用は活性酸素による老化を

防ぐと考えられています。また、動脈の弾力性を高めるといわれ、心臓病の予防をします。 

  • 妊婦さんにも大事な葉酸

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、お腹の中の赤ちゃんにとって大切な栄養素です。葉酸は、

新しい赤血球を作ったり、妊娠初期に細胞分裂時でDNAなどの合成に重要と言われています。また、

ひまわりの芽には葉酸以外にも、鉄・カルシウムなど妊婦さんに必要な栄養素がたくさん含まれています。

                                    

2. 高タンパク質

ひまわりの芽は、その25%がタンパク質です。低カロリーの野菜から豊富な

タンパク質が取れるため、ヴィーガンの方やトレーニングをされている方にも

ぴったりの食材です。

3. 亜鉛

亜鉛はたんぱく質やDNAの合成に必要です。

亜鉛不足になると味を感じにくくなる味覚障害になる可能性があります。

他にも、貧血・食欲不振・皮膚炎・慢性下痢・脱毛・免疫力低下・神経感覚障害・

認知機能障害などのさまざまな症状が亜鉛不足に関係していると言われています。

 

 

また、亜鉛は男性の前立腺や性腺に高濃度に含まれ、

性ホルモンの合成や精子の生成などに深く関係しています。

亜鉛が欠乏すると性的な機能が低下する可能性があります。

4. アーユルヴェーダでも注目!

アーユルヴェーダでは、ひまわりの芽のような芽吹くいている野菜は、

肺の能力を促進する能力を持つと考えられています。

胸の詰まりや病原体の侵入、呼吸器感染症の予として日々とりたい野菜です。